エスアールエム 社長ブログ

2014.11.27

わが国の新たな1年の始まりに向けて

久々のブログである。かなり期間は空いたが、前回の続きになる。

さて、年末の慌ただしい時節を迎えるというのに衆議院解散、総選挙という事態。

どうやらアベノミクス効果が失速したというのが引き金らしい。

先日7月から9月の景況調査が発表された。経済成長はマイナスである。

これで過去6ヶ月にわたってGDPはマイナス指標なのだ。

つまり、今年の4月に行われた消費税率の値上げ以降、

景気は落ち込んだまま浮上していないとのこと。

もちろん、国民の多くは景気が良くなっていないと感じている。

その結果、来年10月に予定していた消費税率10%の再増税は、

実施時期を一年半延期。

国民にアベノミクスという政策の是非について信を問うとのこと。

何もわざわざこの時期に、しかも野党に不意打ちを食らわすかのように

解散する重要な必然性があるとは思えない。

今回の解散総選挙については、国民のほとんどが理解も納得もしていないはずである。

おそらく一党多弱と言われる中で政権運営を維持するためには、

今が解散総選挙のチャンスであると安倍首相は判断したのであろう。

国民不在の政治。所詮政局とはそういうものなのだ。

お電話でもお気軽にご相談ください!

社長ブログ 最新記事
月別アーカイブ
ページの先頭へ