エスアールエム 社長ブログ

2010.12.20

『リスクマネジメントのプログラムとは』パートⅢ

「リスクコントロールの領域」のつづき
その2.リスクの低減(3要素で構成される)
    1)予防;リスクの発生そのものを抑制(抑え込む)すること
     他人や自分の失敗、あるいは過去に発生した事故を教訓とし、
同じようなリスクを発生させないようにする。
     つまり「他人の振り見て吾が振り直せ」というようなもの
    2)防御;発生したリスクの拡大防止策を講じる。
     リスクが発生したら直ちに拡大の防止を図り、速やかに鎮火させる。
     ガンも早期発見・早期治療が何よりも有効な治療法であるのと同じ。
     つまり「火に油を注ぐようなクレーム対応はしない」ことである。
    3)頻度の軽減;リスクの発生頻度を下げ、損失コストを減少させる。
     同じ失敗や同種の事故を繰り返さないよう改善に努めることは、
     「ムリ・ムラ・ムダ」を減らし、コスト削減を達成させることにつながる。
     つまり「失敗は成功のもと」ということ
以上リスクコントロールは人の行為がすべてなので「人間力」を向上させる意外に方法はない。では「人間力」を高めるためには、何をどのようにすればいいのか考えてみよう。

お電話でもお気軽にご相談ください!

社長ブログ 最新記事
月別アーカイブ
ページの先頭へ