今年度第一号!「食中毒注意報」が発令されました

2013年7月9日

京都府で今年度第一号となる「食中毒注意報」が発令!

「食中毒注意報」は7月~9月の食中毒が発生しやすい条件(高温多湿)になる日に各都道府県から発令されます。
本日今年度第一号の食中毒注意報が発令されました

1発令日時 7月9日午前10時
2発令期間 7月12日午前10時まで(72時間:3日間)
3発令対象地域 京都府南部地域(南丹市、京丹波町以南の市町村の地域)

腸管出血性大腸菌O-157などによる食中毒は、飲食店だけでなく家庭の食事でも発生します。
食品を取り扱う際は食中毒菌を「付けない」「増やさない」「やっつける」に注意しましょう。

【家庭でできる食中毒予防 6つのポイント】

  1. 買うときは新鮮なものを
    肉・魚・野菜などの生鮮食品は新鮮なものを。加工食品は期限表示を確認して。
  2. 冷蔵庫は詰め込みすぎない
    冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下で保管しましょう。
  3. 下ごしらえ後の手は洗浄・消毒
    生の肉や魚、卵を扱った後はそのつど手や調理器具などを洗浄消毒しましょう。
  4. 十分に加熱して調理は手早く。
    加熱が必要な食品は中心温度75℃以上で1分以上の加熱を。
  5. できたらすぐ食べる
    調理が終わったらできるだけ早く食べましょう。
  6. 残ったらすばやく冷蔵・冷凍保管
    残った食品はすばやく冷まして冷蔵・冷凍保管を。再加熱も十分に。

O-157などの食中毒に感染した場合の入院や通院の費用について保険金をお支払いする保険も取り扱っています。
特に、食品を取り扱われる飲食店などを経営されている皆様、食中毒への備えは万全ですか?
ご心配、ご不明な点がございましたらはお気軽にご相談ください

お知らせ 最新記事
月別アーカイブ
ページの先頭へ