よくあるご質問

車両保険の免責金額とは?

車両保険の免責金額とは、交通事故を起こして自動車の修理費を支払う際、自己負担する金額のことです。 例えば、免責金額を10万円に設定した場合、自動車の修理費用が50万円かかったとすれば、免責金額の10万円が自己負担となり、残り40万円は保険会社から支払われます。

つまり、免責金額をX円と設定した場合、保険会社はX円を超えた分しか支払わないという仕組みです。

ただ、一般的に「車対車」の事故でお互いに過失がある場合は、まず事故を起こした相手の対物賠償保険金が自分の車両保険の免責部分に充当されるため、免責金額を全額支払うケースは少ないかもしれません。 したがって、免責金額0円で補償を設定するよりも、ある程度の免責金額を設けておけば、保険料は安く抑えることができます。また数万円程度の修理代金であれば、保険を使わずに自費で支払った方が、翌年度の保険料の割増しを考えれば差し引きしてお得な場合もあります。

ページの先頭へ