エスアールエム スタッフブログ

2013.12.24

もっと危険な「耳せん運転」!!!

村瀬暢子
村瀬暢子
 

先日、私、自転車同士の衝突事故にあってしまいました。
信号がない十字路で出会い頭の衝突でした。私はお稽古に行くため、楽器を横かけにして持っていたので、わりとゆっくり走行していました。
しかし相手の方はイヤホンで音楽を聴きながら、ものすごいスピードで私の自転車と衝突しました。突然のできごとで何が起きたのかわからない状態でした。
私は倒れることはなかったのですが、相手の方が転倒し、相手の方に声をかけたら、「大丈夫です。」と言い走り去りました。
その後、私の方に楽器がないことに気づき、周りを見回したらケースごと飛ばされていました。
今回の件で、私は2つのことを思いました。
まず1つ目に情報機器を使用しながらの自転車走行は法整備で規制されるようになりましたが、まだまだ社会的認知度は低いようです。もっと認知度をあげるための広報活動が必要ではないでしょうか。
次に自転車事故に関しての法整備です。同じような事故が自動車で起これば、運転者には救護義務が課せられます。これを守らなければ、救護無視とみなされ、法的な罰則が重くなります。また、同様に相手のことも気にかけず、走り去ることは当て逃げ等と同じです。こういった点から自動車に関する法を自転車にもあてはめてもいいのではないかと思います。
恒常的に自転車を使う人々が増加している中で、周囲に配慮した自転車走行をしていく必要が自転車運転者には必要なのかと思います。
今年もあと数日、あわただしい日々が続きますが、明るい新年を迎えるためにも、乗り物には十分に気を付けてください。
それでは、よいお年を。

お電話でもお気軽にご相談ください!

よく読まれている記事
安宅拓哉
2015.2.4 安宅拓哉
ビバノンノ
松永伊代
2015.2.12 松永伊代
20年越しの望み
2015.1.31
私と京都弁
島田亜衣
2015.2.19 島田亜衣
最近読んだ本
中西麻耶
2014.12.19 中西麻耶
サンタクロース
カテゴリー
月別アーカイブ
ページの先頭へ