エスアールエム 社長ブログ

2013.3.23

『 春近し、生命の息吹を感じる4月を前にして 』

春は卒業と入学の季節である。
別れがあり、そして新しい出会いがある時節が春。
当社も某大手損害保険会社から派遣され、
2年間にわたり営業部長の職責を担ってくれた出向社員が
見事に本社へ栄転することになった。
当社での実績を高く評価されてのことである。
サラリーマンでも諦めず努力を惜しまずに頑張れば
形勢は逆転できるという、典型的な事例だといえる。
そして、また新たに4月から後任の出向者を迎える。
さらにもう一人、大手保険会社を退職し、
当社の営業社員として、新たな人生をスタートさせる者も加わる。
かてて加えて新卒者3名のニューフェースも迎えるのだ。
したがって、当社は4月から5名の新顔が顔を揃え、さらに賑やかになる。
まさに春に相応しく新しい出会いなのだ。
お互いに「一期一会」を大切にして、
相乗的な成長を祈念する今日この頃である。
取り分け、新入社員の3人には、人生の厳しさを教えたいし、
「かん難辛苦」を体験することで社会を学んでほしい。
唄の文句じゃないけれど「一日1歩、 三日で3歩、 3歩歩いて2歩下がる」
「人生は、辛い事のほうが多い」けれど
「辛い事があるからこそ幸せが実感できる」のである。
「辛いと幸せ」は一つ違いで隣り合うもの同士だと信じて
自律した人生を謳歌してもらいたい。

お電話でもお気軽にご相談ください!

社長ブログ 最新記事
月別アーカイブ
ページの先頭へ