試してみましょう!『地震ハザードカルテ』

2013年7月17日

地震と水災の発生確率を予測するものとして、独立行政法人防災化学研究所が7月8日より実験的に提供を開始した、地震危険度をネットで診断できるサービス、『地震ハザードカルテ』についてご紹介します。

『地震ハザードカルテ』とは、国により一元的に評価された地震ハザード情報を地震危険度の診断書を『健康診断の結果通知書』のように一覧表示することができるサービスです。

ためしに、当社の所在地である「京都市下京区富永町」周辺で実施してみたところ、30年以内に震度5弱以上の地震が起きる確率が93.9%震度5強が起きる確立が62.2%と高い値がでました。

ちなみに【ユニバーサルスタジオジャパン周辺】では
30年以内に震度5弱以上 ⇒  98.5%
30年以内に震度5強以上 ⇒  90.3% とさらに高い確立となりました

これらに表示される結果は確率の話なので、地震が必ず起きるというわけではありません。
改めて災害に関する準備、心構えのきっかけにされてはいかがでしょうか。

操作はとても簡単、結果表示まで1分もかかりません。『地震ハザードカルテ』で検索!
http://www.j-shis.bosai.go.jp/labs/karte

地震保険のご加入をご検討のお客様、お見積りいたしますので、お気軽にご相談ください

お知らせ 最新記事
月別アーカイブ
ページの先頭へ