エスアールエム スタッフブログ

2015.11.4

抜歯のⅩ-day

矢田由美子
矢田由美子
 

今年7月末から、歯医者さんに通い続けています。

半年に一度の定期健診を、4年前くらいからさぼり続けていて、そのつけが一気にやってきました。

4年間の間に、虫歯が4本できていたのです。

奥歯3本と、少し前の歯が1本。まだ、小さな虫歯なので、削って埋めての繰り返しで、だらだら治療していたら、秋になってしまいました。

 

でも、ただ、だらだらしていた訳ではないのです。

 

怖いんです。

 

一番奥の虫歯を抜くのが。。。。。

 

一番奥の虫歯は、親知らずでした。

みなさん、親知らずが定期的にうずいて痛いという経験はされたことありますか?

私も、経験済みで、4年前に2本の親知らずを抜きました。

 

今回は、4年前と反対側の上の親知らずが小さな虫歯になっていて、歯医者さんの先生に言わせると、抜いてしまうべきだと言われました。

 

でも、うずいて痛いわけではないんです。

 

うだうだと、御託を並べて抜きたくないという私に、先生は論理的に、

「歯は、機能の面と審美性の面でのみ残しておく意味がある。親知らずは、機能性も低く、歯の位置も奥にあるため、見た目の面からも、もしこの歯がなくなったとしても気にする事はない。むしろ、虫歯の親知らずを治療をしてまでも残しておく意味がない。僕は、抜くべきだと思います!」とズバっと言われてしまいました。

 

あれから、4ヶ月。。。。

 

とりあえず親知らず以外の歯の治療が終わるまでと、言い訳にしていた他の歯の治療も、ついこの間完了し、ついに親知らずの抜歯の時期を迎えました。

 

抜歯のⅩ-dayは11月14日と決めました。

予約しました。

 

予約した翌日、気づきました。

11月14日は、わが社の年に1度の、親睦会の遠足でした。

 

またまた、Ⅹ-dayが延びました。

 

きっと、延長した抜歯のⅩデーを迎える頃には、冬になっているでしょう。

先生に、笑われるな。。。と思いながら、11月14日の予約変更の電話をかけました。

 

次回のブログ担当は、歯もお肌も真っ白な西川さんです☆

お電話でもお気軽にご相談ください!

よく読まれている記事
安宅拓哉
2015.2.4 安宅拓哉
ビバノンノ
松永伊代
2015.2.12 松永伊代
20年越しの望み
2015.1.31
私と京都弁
島田亜衣
2015.2.19 島田亜衣
最近読んだ本
中西麻耶
2014.12.19 中西麻耶
サンタクロース
カテゴリー
月別アーカイブ
ページの先頭へ