エスアールエム スタッフブログ

2015.10.22

手放すということ

山元貴之
山元貴之
 

みなさん、はじめまして。

9月に入社しました山元です。

心機一転、新天地のこの場所に来て、早一ヶ月以上が経ちました。

いつも学びの場所を与えていただき、気づくことの多い毎日で、本当に感謝しています。

今日は、いつも私が信条にしている言葉を書かせていただきます。

 

【手放すということ】

自分の心の声を信じ、起こりうるすべてを受け入れはじめると、

自分の力だけでは得られない出来事が次々と起こりはじめます。

すると、人を羨ましがったり、比べたり、妬んだりすることがなくなり、どうでもよくなります。

無理やり何かを引き起こそうと思うのではなく、

目の前にある自分がすべきことにエネルギーを注ぎ、できることをしていく。

そして心の声を聴いて、やりたいと感じたことを素直に行動に移すことを繰り返す。

そうしていると、人生の切り替わりのときに、必ず、縁ある導いてくれる誰かと出会います。

人との出会いさえも、一番ベストなタイミングの時に繋がるようになっています。

出会ったことで失ったものは、互いにとって必要のないもので、

出会ったことで得たものは、互いにとってかけがえないものになります。

失ったものが大きければ大きいほど、掴んだものを放さない、もっと大きな力に変わります。

失うものが命になるまえに何を手放すべきか。

私はいつも考えます。

毎日何かを決断しながら人は幸せを掴んでいくと思うからです。

だから自分を信じ、目の前の出来事に精いっぱい取り組む。

ただそれだけを繰り返すだけで、運の流れに乗り、成功へと導かれていく。

私は、信念を持ち続け、歩いていきます。

 

次のブログは、清水さんです。

お電話でもお気軽にご相談ください!

よく読まれている記事
安宅拓哉
2015.2.4 安宅拓哉
ビバノンノ
松永伊代
2015.2.12 松永伊代
20年越しの望み
2015.1.31
私と京都弁
島田亜衣
2015.2.19 島田亜衣
最近読んだ本
中西麻耶
2014.12.19 中西麻耶
サンタクロース
カテゴリー
月別アーカイブ
ページの先頭へ