エスアールエム スタッフブログ

2014.3.3

消費税upまで1か月!

塚田秀和
塚田秀和
 

今年4月から消費税率が変わりますよね。5%から8%への変更です。駆け込み需要が始まっているようで、建設業界や自動車販売は好調なようです。
3月に入り残り1か月となれば、駆け込みも直ぐに納品できるものということになり、家電製品の広告が新聞折込に目立つようになりました。

先日雑誌で前回の消費税増税(3%から5%)の1997年3月に前年同月と比べて売り上げを伸ばした商品ベスト10が載っていました。やはり上位には家電製品で「冷蔵庫・洗濯機・掃除機」等が入っていましたが、8位に「男性用下着」というものを見つけました。解説を見ると男性用下着は色や形が特段変わりないので主婦がお父さんの下着をまとめて買っておこうとなり、トイレットペーパーやティッシュと同じ扱いになったようです。

 

消費税の上がるタイミングは、4月1日の午前0時からです。

24時間営業のコンビニの買物は3月31日の午後12時までにレジでバーコードを読み取った人まで。11時59分にレジで精算を始めれば、12時を過ぎてお金を払っても5%の消費税で買い物ができるようです。12時前後に買い物をされる方はご注意を…!!

深夜走っているタクシーはどうなるのか?
3月31日の11時55分に祇園でタクシーに乗って、12時30分に自宅に着き支払いをする場合は、5%の消費税です。なぜなら、3月31日にタクシーの営業所を出庫したタクシーはメーターが5%の消費税のままなので…。そのタクシーが営業所へ帰ってメーターを変更した後に乗ると8%の諸費税の初乗り料金になります。ということは、4月1日の朝は新たに営業所から出庫したタクシーと3月31日から続けて営業しているタクシーがあって、5%と8%のタクシーが混在していることになりそうです。

バスの回数券などは3月31日までに買っておけば追加料金なしで乗車できるようですが、有効期限のある物も存在するのでご注意ください!プリペイドカード類はまとめて買っても意味はありません!

消費税のアップで社会保障(年金、医療、介護)の充実を図っていくという政府の政策ですので、税収が増えた分がシッカリとその方面に使われていくかを見守っていきたいと思います。現在の内税表示の方法も変わるようですが、私の考えとしては、全て外税にして税金をどの位払っているかを消費者がわかるようにしたほうが良いのではと思います。販売業者は、商品自体の値段を上げていないのに「値上げした」と思われてしまうし、消費者もこれだけ税金を払っていると自覚しることで行政に対して関心も高まると思います。

あまり駆け込み消費せずに4月になってからでも安く買えるものは沢山ありそうです。将来に向けて負担するものは負担して、4月以降も景気が持続していくことが重要と思います。

お電話でもお気軽にご相談ください!

よく読まれている記事
安宅拓哉
2015.2.4 安宅拓哉
ビバノンノ
松永伊代
2015.2.12 松永伊代
20年越しの望み
2015.1.31
私と京都弁
島田亜衣
2015.2.19 島田亜衣
最近読んだ本
中西麻耶
2014.12.19 中西麻耶
サンタクロース
カテゴリー
月別アーカイブ
ページの先頭へ