エスアールエム スタッフブログ

2013.11.26

危険な「歩きスマホ」!!

塚田秀和
塚田秀和
 

皆様はもう「スマホ」をお使いですか?
スマホ普及率50%の世の中で、私のように未だに「ガラケー」を使っているものには分からないのですが、色んな機能が付いていて楽しいのだそうです。(我が家では、4/5がスマホ。私のみガラケーです)
久々に電車に乗ったら殆どの人が一斉にスマホを取り出し画面を眺め、食事に行ったら隣のカップルは一言もしゃべらずお互いにスマホに興じているような風景をよく見ます。
ただ最近、歩きながらスマホを操作している人を多く見ます。チョット危険です。
先日、自動車で営業回りの途中、堀川六角の交差点で信号待ちしていたら、歩道を南北双方から「歩きスマホ」をしていた若者同士がぶつかっていました。
画面に集中するあまり、前が見えていないようです。
新聞紙上ではもっと重大な事故が報道されています。「歩きスマホ」で遮断機が下りるに気づかず踏切内に入り、電車にひかれた死亡事故や、夜釣りに出掛けて堤防を「歩きスマホ」で踏み外し真冬の海に転落したり、駅のホームからの転落も後を絶たないようです。
原因は、「画面情報を確認しながら画面操作に集中してしまうと、視覚や聴覚による周囲の環境を察知し難くなり、事故に繋がってしまう」というメカニズムでそうです。周りが見えずに人や物とぶつかったり、階段に気づかず踏み外し転んでしまったりするのです。
「歩きスマホ」の経験者は、日常的に操作している21%、時々操作している36%と18歳以上のスマートフォンユーザーの半数以上を占めます。その中の日常的に「歩きスマホ」をしている人の5人に1人が「歩きスマホ」中の事故またはケガの経験があるそうです。
ひとつ間違えれば命を落とすかもしれない事故やトラブルが「歩きスマホ」で続発しています。便利さ上の傾向かもしれませんが、自動車運転中の携帯電話の保持(操作)に対して反則キップが切られるのと同じように、自分の身体を守り、他人へ危険を与えないためにも「歩きスマホ」を自重してください。

お電話でもお気軽にご相談ください!

よく読まれている記事
安宅拓哉
2015.2.4 安宅拓哉
ビバノンノ
松永伊代
2015.2.12 松永伊代
20年越しの望み
2015.1.31
私と京都弁
島田亜衣
2015.2.19 島田亜衣
最近読んだ本
中西麻耶
2014.12.19 中西麻耶
サンタクロース
カテゴリー
月別アーカイブ
ページの先頭へ