エスアールエム スタッフブログ

2013.4.30

社会貢献は身近なところから

 
私の町内は18軒の小さな町内会です。
3月に何年かぶりに町内会総会をしました。
私は町内の実家で育ち、就職して20数年間地元を離れていましたので、
総会では何十年ぶりかで会う人や初めて出会った人など懐かしいと共に、
浦島太郎のような気分にもなりました。
顔を見渡すと年齢層が高く、都会の中の限界集落に近く、
このまま何年か経てば本当に高齢者だけの町内になってしまいます。
この小さな町内だけではなく、このことは日本全体の傾向です。
先日のニュースで65歳以上の高齢者人口が3000万人を突破し、
65歳以上の人口が14歳以下の人口を上回ったことが報道されました。
国全体を考えると、高齢化より少子化の方が大きな問題です。
少子化は個人の問題もありますが、
国としても早急に取り組まなければならない課題でもあり、
アベノミクスの第三の矢でも取り上げられています。
町内に話を戻しますと、私の子供のときの夏休みの一番の楽しみは地蔵盆でした。
今は、子供がいないので地蔵盆も行っていませんが、
8月の1日だけお地蔵さんを祠から出して、
近くの尼僧さんを呼んでお参りしてもらっています。
年寄りの地蔵盆と呼んでいます。
これもいつまで続くのか、継承する人がいないのであれば、
いずれかの時点でどうするかを考えなければなりません。
地縁・血縁が薄くなり、地域の行事行われなくなり、
そこに住む人々のお互いの関心が無くなり時だけが過ぎてしまう。
気がついたときには周りには何も残っていない。
非連続的な変化に対応しなければならないのであれば、
今の時代からこれからの時代へ向けての新結合(好縁)が不可欠であり、
これが身近な(地域)社会貢献になるものと思います。
そのために個人として行動して行きたいと思います。

お電話でもお気軽にご相談ください!

よく読まれている記事
安宅拓哉
2015.2.4 安宅拓哉
ビバノンノ
松永伊代
2015.2.12 松永伊代
20年越しの望み
2015.1.31
私と京都弁
島田亜衣
2015.2.19 島田亜衣
最近読んだ本
中西麻耶
2014.12.19 中西麻耶
サンタクロース
カテゴリー
月別アーカイブ
ページの先頭へ