エスアールエム スタッフブログ

2013.3.7

 
3月に入り、日中は大分暖かくなり過ごしやすくなってきました。
12月に生まれた我が家の息子にとって初めての冬でしたが、
どうやら無事に越せそうです。
この3ヶ月初めての子育てに悪戦苦闘の毎日でしたが、
我が子が少しずつですが成長していく姿を見ると、
自分も成長しないと、という気持ちが強くなります。
親は子供に誇れる人間にならないといけない、
子供が常識人になれるように教育しないといけない、
といった親としての責任を果たせるように日々努力しなくてはいけないと思いました。
また4月からは大学卒の新人3名が入社してきます。
新人が分からないことを質問するのは身近な先輩である自分ということになります。
そういった観点からも自分が先輩としての責任を果たせるように日々努力していけないと
重ねて思いました。
私が担当している京建労組合員の事業主の方とお話していると、後継者である
息子が頼りないとの話をちょくちょく耳にします。
そういった時に一家の大黒柱であるご主人にもしものことがあった際に、残された
事業主体である会社と個人の家族を守れるものとして、生命保険の見直しを
是非お勧め致します。
生命保険の保障内容のポイントは、
1.一生涯変わらない死亡保障は幾ら必要か?
2.子供が独立した後の死亡補償は幾ら必要か?
3.仕事を辞めた後の生活費は公的年金だけで足りるか?
4.事業主の場合、金融機関からの借入金の対策はできているか?
  また、連帯保証債務を抱えている場合の相続対策はできているか?
以上の4点が見直しのポイントになります。
ご興味のある方は、是非SRMまでお問い合わせ下さい。

お電話でもお気軽にご相談ください!

よく読まれている記事
安宅拓哉
2015.2.4 安宅拓哉
ビバノンノ
松永伊代
2015.2.12 松永伊代
20年越しの望み
2015.1.31
私と京都弁
島田亜衣
2015.2.19 島田亜衣
最近読んだ本
中西麻耶
2014.12.19 中西麻耶
サンタクロース
カテゴリー
月別アーカイブ
ページの先頭へ